実例 間取りの失敗点

実態験ブログ

“実例”間取りの失敗点

2017-04-15

住んでみて分かった間取りの失敗点

我が家は二世帯住宅の二階で生活しています。

間取り作成時に生活動線を想像しながら考え抜いたつもりだったけど実際に生活してみると「こうがよかった」 「ああしとけばよかった」という点がいくつかあったので対応方法と一緒に纏めてみました。

 

収納関係

2e13ae504265b595d1a33e57b0430ff8 "実例"間取りの失敗点

我が家は収納をたっぷり取り入れた間取りを作りました。

特にLDKと洗面所の収納を充実させたかったので向きや広さを実際に生活した時の事を想像しながら細かく設定したんですが…

いざ住んでみると若干、使い勝手が悪かったという結果に。

 

LDK収納

リビング収納キッチンパントリーの2ヶ所が奥行きがありすぎて想像してた使い方が出来ないという結果になってしまいました。

半分くらいの奥行きでもよかったかも知れないです。

幅が広い分には困らないけど、奥に広いのはあまりオススメ出来ないですね。

間取りの段階ではそこまで想像出来なかったですね。寸法は聞いてたんてんですけど実際にメジャーで確認しなかったのが失敗でした。

図面だと実際のサイズ感覚が分からないのでメジャーなどで図りながら想像するのがいいと思います。

臨機応変に対応

出来てしまったものは仕方ないので、奥行きを活かせる収納方法を考えて対応しました。

どちらの収納にも腰高に奥行きいっぱいの中段棚と上部に奥行き半分くらいの天棚が付いているのでそれらを上手く使う方法を実施しました。

「リビング収納」

  • 下段は車輪付きの収納ボックスにアルバムや本などの重いものを入れ引っ張り出せるように
  • 中段は奥に書類関係のファイルや雑貨、説明書関係を引き出し収納に入れ、手前に突っ張り棒を取り付け上着掛けに
  • 上段は夫婦の卒業アルバムなど普段出し入れしないものを収納

「キッチンパントリー」

  • 下段は普段あまり使わない物やお米のストックなどの重量物と車輪付きのワゴンを置いて引っ張り出して使えるように
  • 中段は奥に引き出し式の収納ボックスを置いて食品関係を収納、手前には普段頻繁に使う物を置くように
  • 上段は軽くて普段使わないものをしまっておくように

結果、我が家にはこの収納方法のほうが合っていて、想像とは違ったけど結果オーライで、綺麗に整理が出来、収納としては満足度が高いものになりました。

 

洗面所収納

こちらもやはり奥行きがありすぎたのと扉が失敗点でした。

最初の図面では折戸タイプの扉だったのを使い勝手を考えて両開き戸に変更したのが裏目に出て、扉を開けると立ち位置が狭いという事態に陥りました。

使い勝手としては開き戸のほうが正解なんですがスペース的な問題まで考えが及ばなかったのが失敗点でした。

臨機応変に対応

こちらも上手く活用出来る方法を臨機応変に対応しようと試行錯誤した結果

  • 下段は引き出し式の高さのある収納ボックスに洗濯洗剤やシャンプーなどの重いもの収納
  • 中段は小さめの衣装ケースにタオル類のストックやお風呂用の子供のおもちゃを収納
  • 上段は今のところ空き状態

他にオープンスペースの棚があり、普段使いするのはこちらがメインの為、立ち位置が狭いのはなんとか我慢して使用すれば問題はない範囲です。

 

コンセントの位置

2e13ae504265b595d1a33e57b0430ff8 "実例"間取りの失敗点

生活してみないと分からない事Best1と言っても過言ではない部分がコンセントの位置でした。おおよその位置は合っていたものの生活動線を考えると若干のズレが難点になりました。

 

寝室

基本的には各部屋に2ヶ所ずつ設置されてます。間取り作成段階でかなり悩んで決めたんですが実際に生活してみると「ここに欲しかった」「ここには必要ない」というのが何ヵ所かありました。

ベッドの位置、向きを基点にして枕元に1ヶ所、対角線の足元に1ヶ所設置しました。枕元の方は問題ないんですが足元の方が失敗点でした。

コンセントが部屋の入口に向かって左側の壁にある為、扇風機を使用する際、部屋の出入り時にコードをまたいで通る形になってしまい、足が引っ掛かる恐れがあって夜中のトイレや子供が走って通る時に邪魔になってしまいます。

それとコンセントとは反対側に棚を設置していてそこに加湿器やアロマなどを置いて使おうとした時にコンセントが遠くて延長コードを使わないといけなくなり、これまた邪魔になるという結果に。

臨機応変に対応

枕元のコンセントから延長コードを配線カバーを使って壁づたいに延ばし、棚の上部に差し込み口を設置して電源を取れるようにしました。

これによって、人が歩く所にコードを這わすことなく電化製品を使用出来るようにしました。

 

リビング

リビングは標準で3ヵ所設置出来たので、テレビを置く場所に1ヶ所と対角辺りにもう1ヶ所、あとはテレビ横の壁にPCカウンターを付けてるのでその下に1ヶ所設置しました。

失敗したところはテレビの対角に付けたコンセントです。

住みはじめてからキャビネットを置こうと思った所にコンセントが…

バルコニーへ出入りする窓の横にキャビネットを置こうと思ったんですが若干内側にコンセントがあり、キャビネットが被ってしまう状態に。

臨機応変に対応

キャビネットを置く場所はここしかなかったため、キャビネットの裏側にスペースがあるタイプのものを探して設置し、裏側のスペースに延長コードを通してキャビネットの上部に差し込み口を持ってきました。

PCなどを置くためのキャビネットがあり、裏側のスペースにモデムなどを置けるようになってるものがあったのでそちらを活用しました。

 

エアコンの取り付け位置

2e13ae504265b595d1a33e57b0430ff8 "実例"間取りの失敗点

各部屋に設置するエアコンですが間取り作成時に室外機の置き場も含め最良な位置決めをしました。

しかし、実際に取り付けてその後に発覚した失敗点がありました。

 

リビングのエアコン

ベランダに出入りする窓の横に設置をしましたが、横の窓とエアコンとの隙間に余裕がなかった為に取り付けようとしたカーテンレールが取り付け出来ませんでした。

カーテンレールの両端が飾りっぽくなってるタイプなので窓の幅よりも左右それぞれが150㎜くらい長いのです。

エアコンを先に取り付けたので付けた直後に気がついたのですが、すでにカーテンレールの発注後でした…

臨機応変に対応

エアコンは取り付けてしまったし、取り付け場所はそこしかなかったのでカーテンレールをどうにかするしかなく、考えた末に両端の飾り部分を切り落とすことにしました。

飾り部分は木製だったので、その日、たまたま外構屋さんが車庫周りの工事で来ていたので電動工具を借りてスパッと切り落としました。

取り付け位置に当てがってみるとギリギリエアコンに干渉しない位置だったので、そのまま取り付けました。

なんとも違和感なく、誰も気づきませんでした。

 

まとめ

2e13ae504265b595d1a33e57b0430ff8 "実例"間取りの失敗点

基本的な部屋の位置や設備関係には失敗点はありませんでしたが100%思い通りとはなかなかいかないものかもしれません。

生活をするのに支障はありませんが、使い勝手という点では若干の失敗点となりました。

自分達の生活動線に合った間取りを造ることは出来ましたが、それらに付帯する細かい点までは事前の想像力が足りなかったのだと思います。

それと、図面や寸法だけでは実際の距離感やサイズ感は分からないのでメジャーを見ながら想像するのがいいと思います。

エアコンや窓のサイズ、収納の幅や奥行きなどは、現状住んでいる家の壁にメジャーを当ててみるだけでも大分想像が出来ます。

失敗点とはいえ、その後に自分達で使いやすいように改良するのも楽しい事かもしれません。

続きを読む「我が家の二世帯住宅の在り方」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

CATEGORIES & TAGS

実態験ブログ,

執筆者:

40代メンズ:二世帯住宅成功者 完全分離型の二世帯住宅に妻と息子とじぃちゃん、ばぁちゃんとワンコの5人+1匹で毎日楽しく生きてます! 2017.1.吉日 同居1年


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA