我が家を造るパートナー探し

建築計画

我が家を造るパートナー探し

2017-03-29

住宅展示場で多くの家を見て回る

一日ですべてを見ようとしない

9948f9bd0e764433bf3fab7f3c08c953 我が家を造るパートナー探し

住宅展示場へ行くと大手メーカーからローコストメーカーまで様々な住宅を見学出来ます。

まずは展示場内をぐるりと1周見て回り、気になったメーカーをチェックしておき、その中から見たい順番に見学していきましょう。この時点で2~3社に絞ってしまってもいいと思います。

*我が家の場合、ある程度の下準備をしてから見学に行ったので、この時点で2社に絞って進めて行きました。

1日で全て見て回ろうとするのではなく、2棟~3棟を目安に1棟ずつ時間を掛けてよく見ることをオススメします。

事前に見学したいメーカーを絞っておき、そこを中心に回ると効率よく見て回ることが出来るでしょう。

事前に見学プラン無しで訪れたとしても、総合案内所で要望を伝えれば、それに見合ったメーカーを案内してもらえるので、訪れる前からあれもこれもある程度決めてから行こうとしなくても大丈夫です。

モデルハウス内覧

9948f9bd0e764433bf3fab7f3c08c953 我が家を造るパートナー探し

見学したいメーカーが決まったら実際にモデルハウスを見てみよう。

それぞれのモデルハウスには営業の方がいるので「二世帯住宅を検討しています」と先に伝えましょう。そうすると営業の方も二世帯住宅のプランを考えながらモデルハウスの説明をしてくれます。

モデルハウスを見る時に重要視したいのは「構造と性能」になります。間取りはあくまでも展示用の造りになっており、設備関係は予算やプランによって変わるのでこの時点ではそこまで参考にはせず、各メーカーで異なる「構造と性能」の説明をよく聞いておいた方がよいでしょう。

モデルハウス内に「構造と性能」が見えるように見本として設置されてるので専門的な事が分からなくても、一般の方にも解りやすく説明をしてくれます。元々、住宅の事なんて詳しく分からないのが普通ですから、気になる物や目を引くものがあれば何でも質問してみるのがいいと思います。

営業マンとの相性が大事

9948f9bd0e764433bf3fab7f3c08c953 我が家を造るパートナー探し

見学の案内をしてくれた営業マンとは、契約が決まった後も自分達の担当になり、こちらの要望を聞いてプランの提案や間取りの作成、資金調達の段取り、土地の購入から始める方は土地探しも含め、担当の営業マンが話を進めていきます。

その時に重要視するべき点は営業さんとの相性です。この先、1年前後…いや、家が建った後もずっと、お付き合いが続くのです。ですから、どれだけ親身になって対応してくれているか、人として付き合いやすいのかを感じとるのが大事だと僕は思いました。

*実際、我が家が見学に行った際、買う気が無いと思われたのか、素っ気ない態度で対応された事がありました。気になるメーカーだったのでとても残念な気持ちでした。

その為、見学の時に出来るだけ多くの質問をしてその返答や対応を見るのも大事な要素だと思います。人間、合う合わないは必ずあるのでその辺の見極めも必要ではないでしょうか。家は営業マンと二人三脚で造り上げていくものだと思うので相性がいいに越したことはないですね。

間取りを作成してもらう

9948f9bd0e764433bf3fab7f3c08c953 我が家を造るパートナー探し

検討するメーカーや建築会社がある程度絞れたら、こちらの要望を伝えて間取りを作成してもらいましょう。あらかじめ要望を決めておくと話がスムーズに進むのでメモなどにまとめて持参することをオススメします。

まず間取りを見ないことには決めれないですし、作成する人によってこちらの要望の捉え方が変わってきますし、概算見積もりも出ますのでこの段階がかなり重要になってきます。絞った数社全てに依頼をして見比べるのがいいと思いますが、思った以上に労力を費やす事になるので理想は2社に絞って進行するのをオススメします。もちろん、1社に決めてしまってもいいと思います。

自分達の予算でどこまで要望が詰め込めるのかというのは、自分達ではなかなか分からないので最初は全ての要望を含めて間取りを作成してもらい、概算見積もりで予算オーバーするようならそこからなくてはならないもの以外から省いていき、間取りの修正をしていくのがいいでしょう。

間取りの修正はその場ですぐに行ってくれるので気になる点などあれば遠慮せずに言って納得のいくものにしていきましょう。二世帯住宅の場合、両世帯が要望を多くしてしまうとスケールが大きくなってしまうので、世帯間であらかじめ話し合っておくのがいいでしょう。

なんといっても、間取りの打ち合わせは夢が広がる一番楽しい段階だと思います。後々、揉め事が起きてしまっては台無しです。そうならない為にも両世帯で一丸となって打ち合わせに臨みましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

CATEGORIES & TAGS

建築計画,

執筆者:

40代メンズ:二世帯住宅成功者 完全分離型の二世帯住宅に妻と息子とじぃちゃん、ばぁちゃんとワンコの5人+1匹で毎日楽しく生きてます! 2017.1.吉日 同居1年


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA