二世帯住宅は共用部分が少ないほど上手くいく傾向がある

知っておきたい事前情報

二世帯住宅は共用部分が少ないほど上手くいく傾向がある

二世帯住宅にはいくつかのタイプがありその中でも部分共用型の二世帯住宅は新築時のコストや必要面積などから見ても建てやすく、元々ある実家を有効活用する場合でも二世帯住宅にリフォームしやすい事から部分共用型を選ぶ家族が多くいます。

そして共用する部分が少ないほど円満な二世帯住宅生活を送れる傾向にあるようです。

そこで設備や空間の共用部分が少ないほうが良い理由を共用する際の注意点と共に纏めていきたいと思います。

 

共用する際の注意点

部分共用型の場合、基本的には玄関のみ共用か玄関+その他の設備や空間になります

設備や空間を共用にする場合、その共用する部分それぞれに注意点があり、そこに住む家族に適さない共用の仕方をしてしまうと後々、問題に発展してしまう可能性があるので安易な考えで決めない事が必要だと思います。

玄関を共用にした場合

二世帯住宅を建てる上で重要になる『敷地面積』に関わる理由から玄関を共用にするケースがあります。

「玄関を2つにすることによって必要スペースが狭くなってしまう。それならば玄関は1つにしてその分他のスペースに活用しよう。」

こういった理由が多くあるのではないでしょうか。

また親世帯からしたら子世帯との自然な接点として分けたくないという思いもあるようです。

このような親の思いを汲んで、子世帯側は玄関を分けたいと思っていても親の希望を優先して玄関を共用にするケースも見受けられます。

その他にも玄関を2つにするとコストが掛かるため共用にしたり、玄関くらい一緒でもいいかと、なんとなく決めてしまったりと理由は様々です。

玄関は出入りすることがメインの為、世帯間の干渉が少なく影響もないように思われがちですが、実はトラブルに繋がる要素がいくつかあるんです。

二世帯住宅のよくある間取りを例にすると、1階が親世帯、2階が子世帯という分け方で玄関が1つの場合、子世帯の家の出入りが親世帯には筒抜けになる為、干渉されやすくなります。

出入りが筒抜けということは友達などの来客があったときもいつどんな人が来たかということが分かってしまう可能性があり気兼ねしてしまうかましれません。

そういった干渉が気にならない人はいいですが、中には気になって煩わしく思ってしまう人も少なからずいます。

玄関に日常長く居ることはないですが必ず通らなくてはならない場所である為、世帯間での接触や干渉があることを認識しておいたほうが良いでしょう。

 

浴室を共用にした場合

浴室を共用にする大きな理由としてはコスト削減になるからではないでしょうか。

浴室を2つにするには高額な設置費用が掛かる為、共用にすることが多いと思いますが浴室を共用することには大きなデメリットも存在します。

親世帯と子世帯では生活サイクルが違ってくるので浴室の使用する時間帯も大きく変わってくることがあります。

若い夫婦の場合、入浴時間帯が遅くなることもあるでしょう。そうなると光熱費を考えて冬場などはお湯が冷めないうちに早めに入浴するように促されてしまう恐れもあります。

他にも親世帯が寝静まってからの入浴は音の問題を気にしなければならなかったり、自分達の好きな時に入りにくくなる可能性も多いにあります。

こういった事が原因で親世帯にも子世帯にもストレスが溜まっていき問題へと発展してしまうケースも少なくありません。

 

キッチンを共用にした場合

キッチンを共用にする場合家族の状況によって変わってきます。

『夫の両親と同居』と『妻の両親と同居』の2つのパターンがありますが妻の両親と同居の場合はキッチンの共用に関しては問題がないと言えるでしょう。

なぜなら、キッチンを主に使用するのは女性の方が明らかに多くなる為、実の母娘であればなんの問題もなく共用出来るでしょう。

しかし、義理の母とキッチンを共用するとなると勝手の違いや気を使う場面が増えるなどお互いのストレスの原因になってしまいます。

それにキッチンを共用すると言うことは必然的に食事をするのも一緒ということになるでしょう。

そうなると食べ物の好みや食事の時間帯など問題が更に出てきます。

キッチンを共用にすると言うことは両世帯の共同時間が最も増える結果になると思われます。

 

共用部分は少ないほどいい

共用する設備や空間はその家族ごとによって様々で、両世帯の考え方や思いから色々なパターンが存在します。

共用部分が多いほど問題に発展する火種が隠れていることは確かです。

けして共用することが悪いと言っているわけではありません、どちらか一方の思いや考えだけで決めるのではなくお互いが納得した上で共用部分を作ることが大切なんです。

言うまでもないですが共用部分は多いほどコストダウンになり、スペース的な面でも設備の分を他の用途に使えます。

二世帯住宅を新しく建てる時、元々ある実家をリフォームする時、どちらの場合でも費用面や施工面に関して大きなメリットになります。

その反面、世帯間の接する場面も多くなります。接する時間が増えれば気を使って生活しなくてはならない場面も少なからず出てくるというデメリットもあります。

家族なんだから多少の事は我慢しようという安易な考えで共用部分を作ってしまうことは絶対に避けた方が良いでしょう。

家族だからこそきちっと線引きしなくてはいけない事もあります。それが二世帯住宅の共用部分にあたると僕は思います。

家族円満な二世帯住宅を目指すには計画の段階できちんと話し合っておくことが重要であり必要なことなんだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

CATEGORIES & TAGS

知っておきたい事前情報,

執筆者:

40代メンズ:二世帯住宅成功者 完全分離型の二世帯住宅に妻と息子とじぃちゃん、ばぁちゃんとワンコの5人+1匹で毎日楽しく生きてます! 2017.1.吉日 同居1年


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA